ダイワグレマスターズ2006 関西中部予選

今年もこの大会だけは外せないので、仕事に無理が来るのを承知で強行参加してきました。当初は24日に予定されていましたが、豪雨があったそうで27日に延期となり、仕事の調整も無理やりしての参加です。最近の状況はとにかく規定サイズ以下のコッパグレが多いらしく、普通にやったんでは上位に入れることもないと、秘策の魚玉を持参。現地に着いて2時間ほどの仮眠を取って、抽選で聞いたことない浜田渡船に決まりました。上がった磯は立神の少し手前にあるカナアミと言う足場の良い磯でした。早々仕掛けをセットしてさーやるぞ!と気合が入りすぎ、開始時間にまだなってないよと同じ磯に上がった選手か注意されました。恥ずかしぃ~。数投目で1尾をキープ。規定サイズギリギリです。磯交代直前にもう1尾を上げましたが、どこへ行ったんか、最初のグレがキーパーバッカンから姿を消してました。あらら~。磯を変わって、先端へ移動。1尾を追加して、この調子ならもしかしたらもしかする・・・と思い、少し形のいいのを狙う作戦に。ここで魚玉を使ってみると、とてつもないアタリ。とても大会用にセットしている仕掛けで取れるサイズではありません。一気にもぐられバラシました。その後はオキアミに戻してもアタリがなく、また魚玉にすると、ドカ~ン。正体不明の大物を狙いたいところですが、大会なので気持ちと時間に余裕もなく、結局3尾-1尾=2尾で終了。港に戻るとほとんどの方が規定サイズギリギリのグレばかり。他の選手が検量するのを見てから検量するか決めようと静観。5尾キープしている方もいたので、あきらめて検量もせず、とりあえず記念撮影だけは中央を陣取り、幕を閉じました。

帰り道はとにかく眠いので、窓を全開にして車を走らせるとカチカチとした異音が気になります。下にもぐってみると、少し前に自分で交換したボールジョイントからグリスがあふれ出し、ベトベトです。ブレーキにも影響している感じなので、ノロノロ運転で何とか帰宅。おまけに途中で食べようとコンビニで買ったカップ麺をひっくり返し、帰ってからの掃除で倍疲れました。
翌日寝ながら仕事してたのは言うまでもおません。
b0056230_12342866.jpg

[PR]

by isozurishi | 2006-11-02 12:41 | 釣り  

<< またもや 家族でキャンプ >>